自分で行動する

手元の不動産を売却して利益を得るには、より高値で買い取ってくれる人を探さなければなりません。不動産会社に任せれば、広大なネットワークを駆使して、即座に相手を見つけてくれますが、その代わりに仲介手数料が必要となります。なるべく高く不動産を売りたい中で、仲介手数料の発生は痛手ですが、自分で積極的に行動することで、仲介手数料を支払わずに買い手を見つけられるかもしれません。

不動産会社と契約を結びつつも、自分で買い手を探したいという方は、専任媒介契約を結びましょう。専任媒介契約は不動産会社の買い手とは別に、自分で買い手を見つけた場合、独自の契約を結べる決まりになっています。そのため自分で買い手を見つけられた場合、仲介手数料の支払いをせず、売却した利益すべてを自分のものに出来ます。もし買い手が見つけられない場合も、仲介手数料は引かれる代わりに、不動産会社が買い手を見つけてくれるので安心です。

専任売買契約は、後ろ盾を用意しつつ、自分で大きな利益を上げられるチャンスを持つ契約です。自分で買い手を見つけるために、情報の発信や不動産の品質向上など、積極的な行動が求められますが、その苦労に見合う利益を得られるかもしれません。確実にとはいえないものの、自分で買い手を見つけられそうという方は、専任売買契約を不動産会社と結びましょう。