広がる選択肢

ネットワークイメージ家を売る際はとにかく買い手を見つけなければなりません。
そのためには一人でも多くの人に家の存在を知ってもらう必要がありますが、個人で情報を紹介しても、そのことを知ってもらえるのはごく一部の方になってしまうでしょう。
そういう時に役立つのが、不動産会社が持つネットワークです。
不動産会社を介して情報をやり取りすることで、個人では発信できない範囲にまで情報がいきわたり、買い手を見つけるどころかその中でもさらに好条件の買い手を絞り込むことも出来るでしょう

不動産会社に家を売る手助けをしてもらうには、不動産会社と契約を結ぶ必要があります。専任媒介契約は、不動産会社が買い手を探すと共に、個人でも買い手を探し、契約を結んでも良いとする契約です。この契約を結ぶことで、個人で買い手を探しつつ、不動産会社にも買い手を手伝ってもらえるようになるので、買い手を探す選択肢がより広がります。

不動産会社と契約を結ぶことで、より多くの買い手を見つけられるようになるのは間違いありませんが、不動産会社の紹介の元で取引を進めた場合、不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。もちろん買い手がまったく見つからないことを考えれば、多少の減額はやむを得ないといえますが、個人で買い手を見つけられれば仲介手数料を支払う必要はありません。少しでも利益を増やすためにも、買い手を探す選択肢を増やせる専属媒介契約は利用しない手はないでしょう。


家を売る準備

現金手元の家を売ってまとまった現金を手に入れるには、当然買ってくれる人を探さなければなりませんが、広報活動を行なったり、修繕活動を行なったりと、取引を進めるための準備を進めるのは非常に面倒です。
そこで、大抵の方は不動産会社を介して家を売る準備を行なうのですが、この時不動産会社と結ぶ契約内容によって、買い手が見つかるまでの時間や、家の価格が変わってきます。
専任媒介契約は、不動産会社と契約する方がよく選ぶといわれていますが、どういう契約内容なのでしょうか。

専任媒介契約は、契約を結んだ不動産会社が見つける買い手だけでなく、自分で探した買い手とも取引が出来る契約となっています。
自分で買い手を見つけられないときは、不動産会社が見つけた買い手と契約を結ぶことが出来ますし、自分で買い手を見つけられれば不動産会社への仲介料を支払わずにすみ、より多くの利益を得られます。
不動産と結ぶ契約には、専属専任媒介契約がありますが、こちらは不動産会社が必ず取引に介入する契約となっているので、自分で買い手を見つけられそうな方は、専任媒介契約を利用しましょう。

専任媒介契約を選んだ場合、自分で買い手を探しながら、不動産会社に買い手を紹介してもらえる分、よりスムーズに買い手を見つけられる可能性があります。不動産会社のネットワークは個人のものよりもはるかに広く、契約期間内には買い手を見つけられるでしょう。ただし、自分で買い手を見つけられる分、不動産会社側は力を入れずに対応することも多いので、不動産会社任せで家を売る場合、専任媒介契約だと不満が残る対応になるかもしれません。


関連記事